2009年09月18日

子役の龍臣くん「天地人」与六の清史郎くんと史上初の子役バトンタッチ<龍馬伝>

“泣き虫与六”が“龍馬”へバトンタッチ、加藤清史郎&濱田龍臣、大河“引き継ぎ”、大河ドラマ初の子役バトンタッチ式開催 加藤清史郎が濱田龍臣に笑顔でエール

現在放送中のNHK大河ドラマ「天地人」で直江兼続の幼少時代・樋口与六を演じた加藤清史郎くん(8)と、10年の大河ドラマ「龍馬伝」で坂本龍馬の幼少時代を演じる濱田龍臣くん(9)が17日、東京都渋谷区の同局で、史上初となる「子役バトンタッチ式」を行った。

 清史郎くんから龍臣くんへ「天地人」の終盤の舞台である山形県米沢市の特産の洋なしとぶどうが贈られ、龍臣くんから清史郎くんへは「龍馬伝」の舞台、高知県のイメージキャラクター「くろしおくん」のマスコットとメロンが贈られた。清史郎くんが、龍臣くんに「僕より頭が良さそう」と話し、「役になって一生懸命できるといい。がんばってください」とアドバイスすると、龍臣くんは「加藤くんの期待に応えて頑張りたい」と答えた。

 「龍馬伝」は、幕末に活動した坂本龍馬の33年の生涯を、三菱財閥の創業者である岩崎弥太郎の視点から描いたドラマ。1日からスタジオ撮影が始まり、主演の福山雅治さんは10月上旬から撮影を開始する。放送は10年1月3日から。龍臣くんは初回の中盤まで出演する予定。

 「天地人」は、戦国大名・上杉景勝の参謀で、豊臣秀吉からも一目置かれた知将、直江兼続の一生を描き、20日の放送で関ケ原の戦いを迎える。清史郎くんは与六を演じて“天才子役”として人気者になり、6月に回想シーンで再登場。さらに27日〜11月8日に直江家の長男・竹松として3度目の登場を果たす。この日はそのクランクアップだった。【服部美央】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090917-00000014-maiall-ent
天地人 龍馬伝 冷やし
posted by 芸能情報ニュース at 15:28| 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
advertising


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。