2009年08月27日

ピンク・レディーが敗訴…写真の無断掲載訴訟

1970年代に国民的な人気を博した「ピンク・レディー」の2人が、持ち歌の振り付けをダイエット法として紹介した週刊誌に当時の写真を無断掲載されたとして、発行元の光文社(東京)に損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、知財高裁は27日、一審東京地裁に続いて請求を棄却した。

 2人は未唯mieさんと増田恵子さん。名前や肖像に伴う経済的権利を独占できる「パブリシティー権」を侵害されたと主張していた。

 滝沢孝臣裁判長は「記事の主眼は、振り付けが社会現象になったピンク・レディーに熱狂するなどした読者層に対し、同じ振り付けで踊ってダイエットするのを勧めることだ」と指摘。

引用記事http://www.sanspo.com/geino/news/090827/gnj0908271816014-n1.htm
posted by 芸能情報ニュース at 22:53 | TrackBack(0) | タレント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
advertising


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。